2線式ポイント用デコーダ

ポイントを制御するためのデコーダを開発しました。DigitraxのDS52を意識していますが、2つではなく4つのポイントを制御できます。

特徴としてはモーター制御と同じ回路を用いることにより大電流を必要とするポイント(TOMIXのポイント等)の駆動や、モーター式のポイントも制御できます。

電源はレールから取ることも可能ですし、外部のACアダプターも選択できます。

ちょっと設計をミスったのでジャンパで修正しています。量産するときには修正しないと…

2線式ポイントデコーダ

2線式ポイントデコーダ

仕様

  • コイル、モータータイプのポイントを4つ制御可能
  • CV値の設定により通電時間が選択可能
  • 設定によってはc,tで方向ではなく出力のON,OFFも制御できるので車輪クリーナーのON,OFF等にも利用可能
  • 電源はACアダプター、レールからのいずれかを選択可能

CV値

動作モードは0,1:一定時間通電モード、255:電源制御モードの2つから選択

一定通電モードはThrownあるいはClosedで指定された方向に設定された動作時間だけ電流を流す。ポイントの制御はこちら。通電時間は次の通り。

  • モード0のとき

(動作時間CV値)*5ミリ秒   最大1275ミリ秒

  • モード1のとき

(動作時間CV値)*100ミリ秒  最大25.5秒

電源制御モードはThrownなら電流ON、Closedなら電流OFF。車輪クリーナー等の電源のON,OFFに使います。

  • CV1  ポイント1のポイント番号の下位バイト
  • CV2  ポイント1のポイント番号の上位バイト
  • CV3  ポイント2のポイント番号の下位バイト
  • CV4  ポイント2のポイント番号の上位バイト
  • CV5  ポイント3のポイント番号の下位バイト
  • CV6  ポイント3のポイント番号の上位バイト
  • CV7  ポイント4のポイント番号の下位バイト
  • CV8  ポイント4のポイント番号の上位バイト
  • CV9  9を書き込みでオールリセット
  • CV20  ポイント1の動作モード
  • CV21  ポイント1の動作時間
  • CV22  ポイント2の動作モード
  • CV23  ポイント2の動作時間
  • CV24  ポイント3の動作モード
  • CV25  ポイント3の動作時間
  • CV26  ポイント4の動作モード
  • CV27  ポイント4の動作時間
この記事はDCC機器の自作に投稿されました タグ: , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

3 コメント

  1. 公開日時: 2009年10月22日 - 1:15 AM | パーマリンク

    すみません!
    ドライバICの型名を教えてもらってよいですか?

    • 公開日時: 2009年10月23日 - 1:34 PM | パーマリンク

      こんにちわ。すいません回路図を公開できればいいのですが。
      Hブリッジは秋月の
      通販コード I-01246 デュアルPチャネルMOS FET FDS4935A 30V7A(5個入) 200円
      通販コード I-01233 デュアルNチャネルMOS-FET NDS9936(30V 5A)(5個入)200円
      のFETを使って構成しています。
      以前クラブでモータードライバを作るようになってからコチラのサイト(FETによるモータドライバの作成)を参考にいつも作っています。Hブリッジに関してはこのサイト様の回路図のまま動作させています。

      • 公開日時: 2009年10月23日 - 11:51 PM | パーマリンク

        どうもありがとうございます!
        ポイントデコーダやってみようかなーと思い、コイル制御時間とか調べていました。
        とりあえず、部品を調達します!

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>